■オンラインショップでご注文の場合
売場案内で購入したい商品をお買物かごに入れ、注文メニューをクリックしてください。
その後ご購入の商品内容と金額をご確認の上、お支払い方法およびお客様情報を入力していただき、購入決定ボタンを押すことにより注文ができます。
正しく注文を受けますと、お客様のご注文に対する注文請書が表示されますので、印刷してお手元にお控えください。
■お電話でご注文の場合
オンラインショップの商品をお電話でもご注文できます。
ご購入希望の商品番号・数量をメモの上、お電話いただくとスムーズです。
 [ご注文専用電話番号]
 0120-52-3399(フリーダイヤル)
 [お電話での受付時間]
 月曜〜金曜日:10:00〜18:00
 土日祭日
通信販売の法規(訪問販売法)に基づく御案内



■期間
ご注文をお受けした日から、3日以内の発送を心がけています。
ただし、ご注文が集中した場合や、連休前後等は、お届けが遅れる事があります。
ご注文後、一週間以上たっても商品が届かない場合は、お問い合わせください。
お問い合わせ電話番号: 0120-52-3399
■送料
商品代金(消費税別)とお届け先の地域によって別途送料を申し受けます。送料設定については「商品代金以外の料金について」の項をご覧ください。
■お届け可能地域
商品のお届けは、日本国内とさせていただきます。



銀行振込または郵便振込
尚・手数料はお客様ご負担となります。
ご了承くださいませ。




■送料一覧■
消費税、送料を別途申し受けます。
【東北・関東・中部・信越・北陸】
商品代金(消費税は含みません)
【関西地方】
商品代金(消費税は含みません)
1,000円以上・・・420円
2,000円以上・・・315円
3,000円以上・・・210円
4,000円以上・・・105円
5,000円以上・・・無料
1,000円以上・・・525円
2,000円以上・・・420円
3,000円以上・・・315円
4,000円以上・・・210円
5,000円以上・・・105円
6,000円以上・・・無料

【中国地方】
商品代金(消費税は含みません)
【北海道・四国・九州地方】
商品代金(消費税は含みません)
1,000円以上・・・630円
2,000円以上・・・525円
3,000円以上・・・420円
4,000円以上・・・315円
5,000円以上・・・210円
6,000円以上・・・105円
7,000円以上・・・無料
1,000円以上・・・945円
2,000円以上・・・840円
3,000円以上・・・735円
4,000円以上・・・630円
5,000円以上・・・525円
6,000円以上・・・420円
7,000円以上・・・315円
8,000円以上・・・210円
9,000円以上・・・105円
1万円以上・・・・無料
*「離島」は別途、実費加算となります。



返品・交換は商品到着後10日以内にお願いいたします。
お届けした商品がお気に召さない場合、または万一ご注文と異なる商品や不良品をお届けした場合、引取りにお伺いします。
■返品引取り・交換方法
サービスセンターヘご連絡ください。(TEL: 0120-52-3399)
■次の商品の交換または返品はご容赦ください。
お客様が汚損または、破損された商品



■お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)
TEL: 0120-52-3399

■電子メールでのお問い合わせ
info@e-sonix.com



 




お湯は必ず沸騰させたものを使うこと
基本は沸騰したお湯を使いましょう。甘味を強調したい時は温いお湯を使いますがその場合でも、いったん沸騰させたお湯を適温になるまで冷ましてから使いましょう。

お茶は最後の一滴まで注ぐこと
急須から落ちる最後の一滴はお茶のおいしさがつまった一滴だといわれてます。急須を振って最後の一滴まで出し切ることでニ煎目のお茶もおいしくいれられるのです。









煎茶は日本の基本。ぬるめのお湯を使って甘さを出すのが美味の秘訣です。

 湯冷ましにお湯を適量注ぎ、90度くらいになるまで冷します。

 急須に茶葉をティースプーンニ杯入れたら湯冷ましに用意したお湯を注ぎ入れ、しばらくの間蒸らします。

 交互の茶碗に注ぎいれましょう。この時も急須にはお湯を残さないようにし、最後の一滴まで注ぎいれましょう。

 お茶をいれた時に茶碗が濡れてしまうことがあるので、茶碗の底を布巾で拭ってから茶托にのせましょう。

お茶の持っている身体に有効な成分を丸ごと味わえる抹茶を、もっと気軽に家庭でも楽しんでみましょう。


 茶碗にお湯を入れて温めておきます。そのお湯を茶筅で軽くかきまぜ、茶筅も温めます。温めたらお湯を捨て、茶碗の内側を拭います。

 抹茶は茶杓で二杯分。そこに100cc熱いお湯を加えます。

 抹茶がよくとけるように茶筅を上下(縦)に小刻みに動かして点てます。点てる時は開いてる方の手でしっかりと茶碗を押えておきましょう。泡は細かい程、口当たりが滑らかです。

 ある程度泡が立ったら目の荒い泡をつぶし、表面を滑らかにします。最後に「の」の字を描くようにひと混ぜし、真ん中から茶筅を立てて抜きます。こうすると抹茶の中央が盛り上がってきれいです。




(C)2002 SHINSAYAMAEN All Rights Reserved