お茶を美味しく入れるコツ

お湯は必ず沸騰させたものを使うこと

基本は沸騰したお湯を使いましょう。
甘味を強調したい時は温いお湯を使いますがその場合でも、いったん沸騰させたお湯を適温になるまで冷ましてから使いましょう。

お茶は最後の一滴まで注ぐこと

急須から落ちる最後の一滴はお茶のおいしさがつまった一滴だといわれてます。
急須を振って最後の一滴まで出し切ることでニ煎目のお茶もおいしくいれられるのです。

煎茶のおいしい入れ方

煎茶は日本の基本。ぬるめのお湯を使って甘さを出すのが美味の秘訣です。

湯冷ましにお湯を適量注ぎ、70度~80度くらいになるまで冷します。

急須に茶葉をティースプーンニ杯入れたら湯冷ましに用意したお湯を注ぎ入れ、しばらくの間蒸らします。

交互の茶碗に注ぎいれましょう。
この時も急須にはお湯を残さないようにし、最後の一滴まで注ぎいれましょう。

お茶をいれた時に茶碗が濡れてしまうことがあるので、茶碗の底を布巾で拭ってから茶托にのせましょう。

抹茶のおいしい入れ方

お茶の持っている身体に有効な成分を丸ごと味わえる抹茶を、もっと気軽に家庭でも楽しんでみましょう。

茶碗にお湯を入れて温めておきます。そのお湯を茶筅で軽くかきまぜ、茶筅も温めます。
温めたらお湯を捨て、茶碗の内側を拭います。

抹茶は茶杓で二杯分。そこに100cc熱いお湯を加えます。

抹茶がよくとけるように茶筅を上下(縦)に小刻みに動かして点てます。
点てる時は開いてる方の手でしっかりと茶碗を押えておきましょう。
泡は細かい程、口当たりが滑らかです。

ある程度泡が立ったら目の荒い泡をつぶし、表面を滑らかにします。
最後に「の」の字を描くようにひと混ぜし、真ん中から茶筅を立てて抜きます。
こうすると抹茶の中央が盛り上がってきれいです。

お気軽にお問い合わせください。0120-52-3399(フリーダイヤル)月曜~金曜日:10:00~17:00 土日祭日(定休日)

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。